仮色つけ

| EDIT

仮色つけです。

__ (163)


__ (164)


写真はこれ以降アップしません。今度こそ本当。

まだ結果は出てないんですが、もうめんどくさいので、うかっても受からなくても
完成までは写真は載せないことにしました、、。


仮の色つけなので、、ここからまた大きくイメージ変わります。

画像加工もしてるので、完成するとホントにかわりますよ~。

(とはいっても、造形は変わりませんが。)


楽しみにしててください。



人形日和。

| EDIT

今日は珍しく朝から人形を作りたくてたまらなくなりました。
いつもは、、
ほとんど義務感?からやり始めて、、。
いつの間にか、集中して作っている。
というのが、毎回なんですが、、。

いつもこうだったらいいいんですがね。

二重螺旋ちゃんはもう少しで焼けるとこまで出来てきました。

まだ結果が来ないので、画像載せますが、、
焼きあがったら載せないほうがいいかな。、、。
顔のペイントをするとまた印象が変わるかと思います。

pixlr (242)


__ (161)


__ (162)


そうそう。

下の記事で、私には、人形に魂を入れることはできない。
と書きましたが。

ある方に私の人形にはちゃんと私の魂も入っているよ。
と言って頂きました。


そのうえでまたほかの人に魂をいれてもらって、愛されて。

人形は人になるのだろうと。


とても、嬉しかったです。


さて、8月もあっという間に下旬に入りました。

でも、夕方過ぎ。
耳を澄ますと、秋虫の鳴き声も聞こえ始めました。

秋を迎える準備もそろそろしないとですね、、。

ただいま2

| EDIT

続き。

女性陣が台所で奮闘している間、
男性陣はこの猛暑の中、外で精霊船作り。



DSC01717 (1280x849)

船頭多くして船進まず。だったようですが、
なんとか予定通りに船は完成。


DSC01716 (1280x849)


DSC01715 (1280x849)


DSC01721 (849x1280)

精霊船の骨組みが出来ました。

DSC01720 (849x1280)

かかしさん。
このかかしさんが、私にあることを教えてくれました。


DSC01729 (849x1280)

陽が落ちて、墓から引き揚げた提灯を精霊船に取り付けます。

DSC01730 (1280x849)

宵闇に精霊船の明かりが浮かび上がります。


DSC01736 (1280x849)


DSC01747 (849x1280)

いよいよ、出発。

小さい子は、船に乗せてもらって、にこにこ。


DSC01752 (1280x849)

船は、、爆竹の音と、銅鑼の音と。ゆっくり進みます。

DSC01756 (849x1280)


DSC01768 (1280x849)

2キロ程、ゆっくりと進むと、、。


DSC01770 (849x1280)

海の近くの空き地に到着。

ほかの精霊船も沢山。

昔は、そのまま海に流していたそうですが。

今はごみの問題などで、この広場で焼き上げるようです。


DSC01778 (1280x849)


最後は、盛大に爆竹と花火と。
祈りでお見送りします。



さて、。


私がかかしに教えてもらったこと。


ツイッターで呟きましたのですでにご存じの方もいるかと思いますが、
ツイッターでつぶやいたそのままを載せます。


精霊船のかかしさんが、宵道をゆく時。
私はなぜかずっとそのかかしから目を離せずにいた。
その夜ふと其の事を思い出しなぜだろう、と思っていたんですが。
あの時、あの宵道でかかしは確かに人になっていたのだろう。
昼の光の中ではわら人形でしかなかったものが、宵闇で人に変わる。

あの時、精霊船のわら人形は入れ物になった。
魂が入る瞬間を私は見たのか。
そもそも人形に魂はあるのか。と聞かれたら私は即座に否定する。
ただ、入れ物にはなり得る。と今回のかかしを見て思った。
人が持つ思い。思念の結晶が人形には入る。
入った瞬間、人形は人に変わる。

ならば私は、せいぜいいい入れ物を作る。
私には人形に魂は吹き込めない。
吹き込む事が出来るのは、その人形を見た他人だけだ。
目が会った瞬間に、魂は宿るのだろう。
その感情が強いほどに。感情のベクトルは関係ない。
ただ、無関心だと人形は人形のまま、物として存在するのだろう。

人形の形が多種多様なように、人形の解釈もまた色々でしょう。
私は人形を作り始めてからずっと、人形とはなんだろう?と思っていました。
なかなか分からなかったんですが、私の人形の解釈をこのかかしさんに教えて貰った気がします。

人形は、人の思念の結晶の入れ物である。




私は、できるだけ純度の高い、綺麗な結晶が入りやすいような、人形を作って行きたいと思います。





もうすぐ、夏も終わりを迎えます。

とはいってもまだまだ、残暑厳しい日が続くようですね。

皆様、どうぞご自愛くださいませ。





化甫



__ (158)


Category: その他

ただいま。

| EDIT

実家めぐりから帰って参りました。

いや、、大変でした、、。

いつもの3倍は疲れました。代わりに3倍は、、思い出が出来ましたが。

熊本は暑かったなー。さすが、、盆地。生まれ育った土地なのに、すっかりこの猛暑を忘れてました。
対馬って、、、涼しかったのね。と実感しました。

熊本でもなんだかんだとゆっくりする暇はなくて。やりたかったことの半分も出来なかったんですが、
4か月の姪ッ子ちゃんに癒されまくってきました。

わがままボディを思う存分、堪能しましたですよ。
どこもかしこも、ふよふよ。またこの子が泣かないんだ。

連れて帰ろうかしら。とちょっと思いましたね。。

熊本の後は、長崎は島原へ。本当は、、南島原市。という所なんですが、もう島原で、、////
初盆でしたので、そりゃーもーてーへんでした。

長崎はですね、、。この初盆が、、盛大なんですね。

精霊船を作るんですが、それの手伝いに親戚一同、近所の方たちもねじり鉢巻きで
かけつけて下さる。

必然、そのお世話に大わらわ。という感じで、。

朝5時から夜11頃まで休みなく働きます。


また、この島原は、まだ古いしきたりなんぞが残ってまして。こういった集まりの時には

男が先にご飯を食べて。その次に子供たちが食べて。最後に女性陣が食べる。のです。

これがいいか、悪いかの議論はせずにおきます。
ただ、感じたのは、、やはり、先に食べられるのって、いいなあー。ということと。

このシステムは、意外にとても合理的なんだな。
ということが分かりました。

さっさと片付くんですよね。

お酒も出るんですが、後に続く女性陣をきにしてか、深酒をする殿方も
いなかった。

さっと食べて、また仕事にでていく。
女性陣は客の眼を気にせずに、ゆっくりと食事が出来る。

男尊女卑の代名詞かと思っていたこのシステム。いやいやどうして、
昔から、女性は巧く男性陣をコントロールしていたのではないかしらん。

男を立てて、その実意のままに男性を動かしていたであろう、女性たち。
男性もまた、それを承知しながらも、立ててもらった分は、しっかりと働く。

島原女性のしたたかな強さを垣間見た気が致しました。


__ (151)

初盆の提灯と、昼の部の御膳。

このあと、夕方4時の御膳。

夜9時頃の御膳。と続きます。


その間、台所は大忙し。

__ (154)

島原名物寒ざらし。黒蜜水に、甘くない団子を浮かべたもの。
これが、美味しいんですよね~~^^*
子供たちも、夢中。


__ (156)

初盆の提灯。
墓の前にずらっと並べて、夕方ろうそくに火を灯します。


__ (153)

そうして恒例の御墓で花火。
今年は初盆だったので、花火の量もいつもの5倍ほど。
子供は大喜び。

__ (155)

爆竹が怖い子。

夕方5時を過ぎると御墓ラッシュが始まり、、
爆竹の大きな音が、絶え間なく鳴り響きます。

小さな子は、泣き出す子も。


それもまた、かわいらしい、、、。



続く。

和洋折衷展 終了致しました。

| EDIT

和洋折衷展 無事に終わりました。

とても暑い中、わざわざ足を運んで下さった方、
また、足を運べずとも、赤い靴と紫陽花少女を気にかけて下さっていた方
本当にありがとうございました。

先ほど連絡を頂きまして、二人は新しいお家を見つけることが出来たそうです。

本当にうれしく、有難く思います。

会場になった横濱浪漫館には一度も足を運べず、、展示準備からなにからなにまで
スタッフの方にお任せしたきりで、、申し訳なく思っていますが、
素敵に展示して下さってとても感謝しています。
ありがとうございました。

これからは、再来年の個展まで、、また集中して人形作りに精進したいと思います。


どんな子たちが出てくるのか。。
まだ自分でもわかりませんが、。

少しだけ、、楽しみにして下さったら、嬉しく思います。



化甫

DSC01543 (679x1024)



嬉し泣き。

| EDIT

先ほどメールを開いて、、。
思いがけない御知らせに思わず嬉し泣き。してしまいました。

嗤い兎のお家が決まったと。

泣きながら、自分でも不思議に思いました。
お迎えが決まるのって、こんなに嬉しいものだったかな。と。


まあ、、私の心のうちなんてどうだっていいです。

とにかく、嬉しい。

ありがとうございます。

帰ってくると思っていました、、。
もうきっとずっと、自分の側にいるだろうと。

本当によかったです。

やはり、人形は、、愛されてなんぼ、なんかな。

さようなら。

元気でね。

DSC01318 (1280x849) (2)

DSC01320 (849x1280)

DSC01325 (849x1280)


さて。

大変暑い中ですが、横浜浪漫館では和洋折衷展が開催中です。

11日までです。

DSC01585 (1280x849)
横濱浪漫館


私の人形は、、これ以降個展まであまり出ないと思いますので、、
もしお時間がありましたら、是非、足を運んで頂けたら嬉しく思います。
私以外の作家さんの作品も、、、素晴らしいものばかりです。

通販も受け付けて下さるそうですので、もし、気になられましたら、横浜浪漫館さんへメールで
お問い合わせお願いいたします。

どちらも、愛おしい子になっています。



DSC01682 (1280x849) (1280x849)



68年。と。

| EDIT

今日は、68年前に長崎に原子爆弾が投下された日。でした。
まだたったの68年。
人類が歩んできた長い歴史を鑑みるに、永久の平和は不可能なものかもしれない。
そんな風に絶望しますが、、それでも。
可能な限り、この平和が長く続くように願わずにはいられないです。


一番近い戦争が終わってからまだたったの68年。
人は忘れる生き物だとしても、忘れちゃダメなものはあるんです。

忘れるにはまだ早い。

戦争を知らない子供たちが、戦争を知らない大人達に代わって行っても。

出来るだけ戦争のない時が続くように。

原子爆弾が投下された11時2分に、黙祷しました。



さて。


12日から17日まで恒例の実家めぐりに行ってまいります。
対馬から、、なので、、まあ大変ですが楽しんできたいと思っています。

やりたいことが沢山~~。どれだけできるかな。。


人形ですが、、やってます。いい感じで進んでる、、、かな。

まだちょっとわかりませんが、、。

あ、結果がね、、まだ来ないんでね、、。

画像をちょこっとのせちゃいます。



__ (149)


__ (150)

星を抱く子 二重螺旋。
まだ変わります。

一粒で二度美味しい子になるかどうかは、未定。


星を抱く子 ~二重螺旋~ 制作途中。

| EDIT

人形は、、次の子を作ってます。

星を抱く子~二重螺旋~ちゃんです。

たいそうな名前ですが、、。二律背反的なね、、なんかそんな感じのを出せたらいいなあ、、
なんて思ってます、。


一個のものなんだけど、、でも二つで、でもやっぱり一個。

この子は公募展用なので、、今回で写真のアップは最後です、、
あ、、でもまだ結果来ないので、、ダメだったら続きも載せます、。。はい。。

とりあえず、、途中の写真です。

まだまだ途中なので、、これから顔も変わるかと思います。
髪の毛も違います、、。


星を抱く子~二重螺旋~

__ (148)


__ (147)


え~と、、、。この子の表情は、、人間には不可能ですからね。
目を見開いて、、、片方軽く閉じるとか、、無理ですからね。

人形だから。です。

不自然さ。というものを、、今回取り入れてみたいのです。

旨く出来るかは分かりませんが。


(c) 2017 カーバイト倉庫 All Rights Reserved. / Designed by core

FC2Ad

↑