カーバイト倉庫

ARTICLE PAGE

漁火光柱

昨日の不思議な光の筋。

原因が判明しました。

お友達の息子さんがわざわざ調べて下さったのです。



漁火光柱


「冬の晴れた、そして海のおだやかな夜、対馬の沖には漁船の漁り火がともります。漁り火はとても明るく輝いています。こんな夜、海の方向に体を向け視線を少し上の方に向けてみて下さい。

明るくかがやく光の柱が何本も見えたら、それは光柱とよばれている現象です。光柱が日本でも知られるようになったのは1983年長崎県の対馬が最初です。たくさんの漁船が作る何百本もの光柱が夜空に現れ、それを見た人々から報道機関などに問い合わせがさっとうしたそうです。中には「UFO」の襲来だと思った人もいたそうです。その後、函館、札幌、福井など、おもに日本海沿岸の各地で見たという報告がありました。



確かに、今の時期、イカ釣り漁船が対馬の海にはひしめいています。


対馬では年に2,3回この漁火光柱が見られるそうですが、昨日のように、海の近くでなくとも沢山、はっきりと見られるのは、珍しいとのことでした。


は~~、すっきりしました*


不思議で、神秘的な光の柱。

また、見れたらいいな、、と思います^^*


DSC01916 (1280x849)


DSC01914 (1280x849)



Comments 0

Leave a reply